発達グレーでコミュ障の私が在宅ワークに至るまでに捨てたこと

発達グレーでコミュ障の私が在宅ワークに至るまでに捨てたこと

社会に出てから何となく人と合わずに過ごしてきた発達グレーの疑いがあるわたし

さらに子どもの頃からおとなしく、コミュ障で人付き合いが上手でなく協調性もそんなにない。

そんなわたしが在宅ワークを勝ち取るためには、あらゆることを捨てたり減らしたりしています。

今まで相当人に合わせるように頑張ってきたけれど、発達グレーじゃないか?と疑いはじめると

無理なものは無理やし!と自分に合った働き方を模索しはじめて今に至ります。

そんな発達グレーでコミュ障のわたしが捨てたこと・減らしたことをまとめてみました。

 

在宅ワークのために捨てたこと・移動編

うち田舎に住んでまして、香川県在住ですが高松へ出るのに車で1時間半かかるんですね

外の仕事もやはり高松が多いので当初は出かけていましたが、移動だけで3時間消化することに気づきまして(遅い)

特に買い物も近所やネットで済むし、街ブラするのにも駐車場を探したり立駐に停めるのでさえストレスがかかる。

食べれないころは高松でのバイトを頻繁に入れたりもしていましたが、費用対効果を考えると高松の仕事は非効率。

だったらその分自宅で仕事をもらってこなしたり、サイト運営を頑張ったほうが利益率としては高いなと思ったのです。

外に出て移動して疲れて、バイトで気を遣って疲れて、また帰宅するのに1時間半…何もできやしねぇ。

家の中がどんどん荒れていくし、家を空けておくのが嫌だったのもあります

何より、車の運転があんまり得意ではなくめっちゃ遅いんですよわたしの車(笑)

右折待ちの車の後ろにつけてしまって、車線変更しようと思ったら後ろからバンバン抜かれるし

もうその時点でポンコツじゃん…と思ってしまうww

そうかと思えば、急いでる時に限って1車線で自転車がど真ん中を走っていたりして抜くに抜けない場面とか

こういう時の身のこなし方が下手くそなんですよねー。

だったらもう出かけなくていいやん!となり今に至ります。

在宅ワークのために捨てたこと・人間関係編

会社を辞めて独立してしばらくは、人に会いまくることを心掛けていました。

というか周りがそういう風潮だったのと、リアルサービスを持っている人ばかりだったし

何より、人に会えば仕事がもらえると思っていたところが大きいです。

しかし、人に会えば会うほど疲れは増していき、移動費と体力とお金ばかり消耗していく…

よく動いていると呼ばれることも多くなり、気軽に「来てください~」「今度いつ来ますか?」

なんて、先方から訪れることはなく自分が訪問する羽目に。

さらに人が集まるところに行っても何も話できないし、自分が何者であるかを説明したり

毎回自己紹介とか苦痛で仕方がない。

名刺だってサービス内容がマイナーチェンジするものだから、若干どことなくずれてくるので

現在は名刺を持っていません。

SNSもなんだか疲れてきて、アドセンス修行をする時にFacebookを辞めて急に消えました

Facebookを利用停止してもメッセンジャーを温存する方法

この界隈、自分のサービスを売りたいことに必死で人にお金を払う環境ではなさそうだ。

だったら引きこもって、クラウドソーシングで案件探せばお金を払いますというクライアントが居る。

もともと単純作業好きだし作業ペース早いし。ということで今のお仕事に落ち着きました。

ちなみに、当時の起業女子ちゃん達はわたしが消えても誰も探しに来ません(笑)

あの人消えたってヒソヒソしてくれてもいいのにwww

在宅ワークのために捨てたこと・生活編

自宅で1日12時間ほどPCに貼りついて仕事していると、買い物を行くことすら時間が勿体ないと思うように(笑)

夏の間はサイトのショートレンジで一日記事を書きっぱなしで、ほんとに買い物に行く時間が取れなくなり

その時に始めたのがオイシックス。

特に愛用しているのがKitOisixで、つい材料を余らせてしまうわたしにとっては救世主。

いろんな味やお野菜も試せるので毎回楽しみです→【kit Oisix】20分で2品作れます♪

週1回ずつの注文で、いつもKitOisixを3つと牛乳飲み放題で6日朝昼晩食べることができるので

買い物に出るのは週1日。それも足りないものだけ。

オイシックスって高そうなイメージあって、確かに1品ずつ見るといいお値段ですが(笑)

月換算すると食費1万円減ってるんですよ。無駄遣いしないし送料無料ギリギリラインで計算して注文するからww

そう思ったら、買い物に出かける経費と体力を考えると安いなーと思うのです。

 

一日誰ともしゃべらないで息が詰まることないの?と、リア充族には理解不能な在宅ワーク

我々コミュ障族にとってはむしろ誰ともしゃべらない方が気楽でよろしい。

一日通して言葉を発することといえば、スーパーで「WAONでお願いします」だったのですが

もうそれすら辞めたwww

仕事はネットに落ちてるし、今となっては続々と依頼打診のメッセが来てくれるのでありがたい。

文章でのやり取りだと、ひと呼吸置いて返信できたり編集できるのでまだまし

リアルにしゃべった言葉は元に戻らないからね…やらかしてしまうこと多々。

何より人との距離が保てることで、自分が安定してきた感じがします。

何ていうか見られてる感覚がダメなの。監視されてる強迫観念ていうのかな

それが邪魔して無駄に緊張したりすると、普段できることもできなくなる。

特にわたし、手が震えやすいから人に見られながら字を書くのも無理な時あってホント大変。

たまーに現場は出るけれど、毎日じゃないから少し頑張ればできること

まる1日現場入ったら3日ぐらい家での仕事にしないと精神削られます…

 

若い頃は毎日満員電車で通勤して、その後スポーツクラブ行ってエアロして帰宅するという

超ハードな日々を過ごしてきたわたしですが

いちばんアトピーがひどかったのもこの頃でした。

今思うに、一日を通して何かしらの騒音がしていてそれがストレスだったと気づいたのは最近のこと。

そりゃ、アレルギー検査した時に「目に見えない微量なものに反応している」数値がダントツ高いわけだ。

皮膚科の先生だってどうアドバイスすればいいのか困るわなぁ(笑)

 

もし今、何かしらのストレスを抱えていたり無理に頑張っていることがあれば

まずは何をすると疲れるのか一つずつ書き出してみて、遠ざけられるようなら遠ざけてみて。

意外となくても生きていけたりするものです。

大事なのはまずは身の安全。自分の命がいちばん大事。

お金を稼ぐのとかスキルを身につけるのとかは、それからもっと後でも遅くはないです

アナタに合う環境づくりを、少しずつ始めていってみてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

うめちゃ
企業データリスト作成依頼とサイト運営で生計を立てるフリーランサー。自宅兼事務所で毎日PCに向かって仕事しています。
真面目に長く続けるフリーランス仲間を増やしたくてブログで情報発信中。
夢は田舎でシェアスペースをのんびり営むこと。
Follow :

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください